生活するため

様々な経験ができるビザ

海外で働きたいという人は、若者を中心に増えてきています。若者にとっては、ソーシャルネットワークサービスやインターネットなどを通じて外国文化とより身近になったことや、ビジネスでも海外と接する機会が増えてきたことも要因の一つでしょう。その際、なかなか費用が足りなかったり、就労ビザが取得できないなどの問題があります。そこで、ワーキングホリデー制度を利用して海外に行く人が増えてきています。ワーキングホリデーの利用という工夫をすることで、大幅に費用を削減できます。なぜなら、外国での就労が可能なので滞在費は現地で稼ぐことができ、実質的に当面の生活費と渡航費があれば海外に行って生活することができるからです。

人生経験としての価値

ワーキングホリデー制度の利用には年齢制限があるので、基本的にこの制度を利用する人は20代から30代の若者が中心です。さらに、海外で働きたいという意欲はあるものの、金銭的な理由で正規留学が難しい人や、就労ビザの取得が困難なために諦めている人にとっては非常に魅力的な制度であるため、とても人気があります。特に、費用の面では現地での就労によって滞在費を賄うことができるので、おおきな貯蓄が無くても渡航が可能です。ワーキングホリデーの最大のメリットである費用面の優遇制は若者にとって大きな魅力です。海外での就労経験は、単なる就労経験ではなく、その後の人生にも大きな影響を与える人生経験としての価値があります。