人気の理由とは

カナダへのワーキングホリデー

ワーキングホリデーというのは年齢制限がある制度なので、一生のうちで参加資格を有する期間というのが決まっています。 そのために、会社をやめて自分探しのためにワーキングホリデーに参加する20代の若者が多いのが特徴です。中でも人気の国がカナダです。カナダは治安が良く、また自然が豊かで国際色あふれる国であり、更には英語を母語とする国なのでワーキングホリデー先として大変人気があります。アメリカも同様に英語を母語とする国ですが、カナダのほうが治安が良く、物価が多少安いことからカナダを選ぶ人のほうが圧倒的に多いです。 カナダでワーキングホリデーを経験した人の一部は、その暮らしやすさに魅了されてそのまま定住する人もいます。

ワーキングホリデーで人気のカナダ

海外で働きながら英語が学べるというワーキングホリデーは対象が18歳から30歳までとあって若い人の間で人気がある長期海外滞在です。かつてのワーキングホリデーはカナダやオーストラリア、ニュージーランドくらいでしかできませんでしたが、今ではイギリスをはじめドイツ、フランス、韓国他など滞在先も増え以前より選択肢が増えてきました。 ワーキングホリデーでも人気のあるカナダですが、カナダは日本同様に治安の良い国とされており、またカナダには多くのアクティビティや観光スポットもあります。カナダの西側には北米最大のスキーリゾート地があり、西側には世界的にも有名なナイアガラの滝があり、そしてオーロラを眺められる場所もあり訪れる人を飽きさせません。 そんな大自然に囲まれながら生活ができるということもあってカナダでのワーキングホリデーは人気があるのでしょう。